東九州、下関圏人口一千万人構想

日の丸ジェット基地を北九州空港に

北九州空港利用のビジネス・ジェットに最優遇プランを!

ホンダ・ジェットが小型ビジネス ジェットで世界一の販売になる!

 

今こそ、日本の航空業界とAI業界のコラボを実行する絶好の機会です。北九州空港を小型ビジネス・ジェットのハブ空港に提案する。

 

写真左からホンダジェットUSAの教官、筆者、当社担当、パイロットの4名

「ホンダジェット」納入数が世界首位…小型部門

読売新聞・ヤフーニュースから・・・

 

 【サンフランシスコ=有光裕】ホンダは21日、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の2017年の納入機数が小型ジェット機部門で世界首位になったと発表した。

 全米航空機製造者協会によると、17年のホンダジェットの納入機数は43機で、前年からほぼ倍増した。

 ホンダジェットは最大7人乗りで、価格は490万ドル(約5億2000万円)。高い燃費性能などが特徴で、15年以降、米国や欧州、カナダなどで機体の安全性を証明する型式証明を取得し、販売体制を強化している。ホンダは、年間生産を現在の50機程度から70~80機程度に増やす方針だ。

東九州、下関圏人口一千万人構想

日の丸ジェット基地を北九州空港に

今、AI業界にとってビジネスジェットは必需品!

世界のAI関連企業の経営環境の変化とスピードを考えれば、

今や、AI業界にとってビジネスジェットは必需品です。

 

小型ジェットの空港サービスは、世界の中で日本は出入国等の様々な課題も多く、サービス、サポート体制も不十分で海外からのAI企業誘致の条件は最悪に近い。

 

ネットの時代であるが、ロボットや電話での商談、開発、微妙な打ち合わせで完結することは不可能です。人間である以上、膝と膝を合わせての会合が絶対条件であるととは周知の事実。

 

AI情報交換、収集等について、世界の企業との交流に、船や空港予約での移動は「ガラパゴス化」で世界の潮流に遅れることも周知の事実。

 

開発から50年程度かかったと聞く、「ホンダ ジェット」がここで、世界の小型ビジネス ジェットが花開くチャンス到来。昨日、ホンダの小型ビジネス・ジェットが、小型で世界一の販売台数とニュースになった。

 

2年前、九州の熊本での「ホンダ ジェット」のテスト・デモ飛行の時、

ホンダ・ジェットアメリカ本社の社長から直接聞いた話では、日本では、

小型ジェットのインフラが完備されておらず、「ホンダ ジェット」を販売したくても出来ないと聞き、日本の航空業界の遅れ「ガラパゴス」を強く感じた。

 

この航空業界の「ガラパゴス」感を、日本の国策として早急に対処しなければ、AI時代に日本もまた・・・乗り遅れる。

 

世界の情報が瞬時に移動、世界規模で日々劇的に変化するAI時代これからの国際空港はビジネス・ジェットを中心に活動が活発になるでしょう。 

 

東九州、下関圏人口一千万人構想

北九州・山口圏人口1千万構想プラン

北九州・山口・大分圏をAI開発ベルト地帯に舵を!

 

北九州・山口圏人口1千万構想について

 

2000年までの北九州市は100万都市として輝かしい発展であったが、近年は福岡市との人口の差が開くばかりとなった。

その後、北九州市は人口の差を縮めるためのさまざまな方法対策で頑張ってこられたことは十二分に理解できる。

しかし、この努力とは逆に2017年には半年で1万人の人口減で人口も95万を割りつつある。

近い将来、北九州圏は、福岡市の一極集中に飲み込まれ急激なシュリンクで人口減少傾向の不安も増大しつつある。

 

2018年に入り、少子高齢化やAI(人工知能)を核としたグローバル化で時代環境は劇的に変化。

 

今後予想されることは、

 

単純業務がAIによって代替される。

フィンテックにより地方金融機関が再編される。

医者、弁護士等の高級取がAIにより失業が増える。

 

自動運転により業界の再編が早まる。

公共サービスによる地方自治体の経費の増大。

国庫の赤字体体質による年金の大幅減少。

景気悪化による金利の増大。

物価高によるインフレの加速。

高齢者の就職難。

民間企業の体質強化のため固定経費減少の対策として臨時社員の増大と正社員の減少傾向。

地方自治体の収入減を補うため、介護保険料等の増税。

 等々・・・・

現実の数字を出せば恐ろしいので割愛する。

時代は向かい風(アゲインスト)が強くなりつつあります。

 

プログラミングは暗記ではない!

プログラミングは暗記ではない!

 

従来の暗記重視から論理的思考に大きく変化、

2020年から小学校でのプログラミング教育が必修化されます。

今後は、プログラミングは全ての人々の教養となるでしょう。

 

プログラミングと言う追い風の中で、

今後、さらに強い追い風となるのはAI(人工知能)でしょう。

 

北九州・山口・大分圏をAI開発ベルト地帯に舵を!

 

このような向かい風から、追い風に乗るために

今後の10年は何をすべきか?

 

2018年の今、時代の波、

追い風はAI(人工知能)です。

 

今後はAIを無視しては生き残れない時代に大きく舵を切りました。

山口・北九州・大分3県に跨る市町村として、北九州・山口圏を活力と夢のある地区を目指すことを目標に。

国際的視野を持ったAI環境をリードするため、北九州・山口圏人口1千万構想を各地方自治体の首長に提案する。

 

東九州、下関圏人口一千万人構想


北九州・山口・大分圏をAI開発ベルト地帯に舵を!

北九州空港からアメリカ便を早急に出す緊急提案をする。

 

2017年を向かえ、今、世界の舵は、

 

産業革命以来の、

人工知能(Artificial Intelligence; AI)、

IoT[Internet of Things]を中心に、

保護、個性的経済に舵を切ってきた。

 

具体的には、

T.P.Pや弱肉強食のグローバルな国際志向の頂点から、反転しつつある。

 

今後の世界は、人工知能(Artificial Intelligence; AI)、

IoT[Internet of Things]、ロボットや自動運転を核になるが、

バーチャルよりはリアルの世界を重視した、

保護、個性経済が活発になるでしょう。

 

国別には、トランプ政権を中心に、

イギリス、ドイツ、フランス、イタリア等先進国だけでなく、中国、

インド、中東、イスラム圏を含む

各国の保護、個性政策が注目、話題となる。

 

この世界大変革の中心となるのは、やはりアメリカです。

 

約10年程前、九州経済団体主催のUSAシリコンバレー視察団に一員として参加した時、感じたのは、スタンフォード大学で人工知能(Artificial Intelligence; AI)の研究所はすごいと思った。

 

今、アメリカを無視する政策は、

日本だけでなく世界経済文化にとって最悪の状況となる。

 

2017年、

今こそ、日本の心、和を持つ個性を発揮できるチャンス到来。

 

具体的には、

 

24時間、海上空港である北九州空港が日本を救う。

 

北九州空港は、赤字空港と言うことで、積極的な戦略は形をひそめ

長年、放置したままでもったいない北九州空港が日本を救う。

 

 敷地4.000mもあるのに、将来の展望がないと言うことで、

敷地の約半分2.500m程度でストップしたままの赤字空港??

 

 2017年、保護、個性的な世界大変化を向かえ

北九州空港から、アメリカ便をドンドン出しトランプ政権との融和が必要。

 

100万都市としての基本インフラが充実し、インフラコストも魅力的な

東九州・山口イーストバレー地区が、活躍できるチャンス到来!

 

北九州空港からアメリカ便を早急に出す緊急提案する。

 

 

 地方創生は人口増と雇用増加です。

 

大分県から宮崎県に広がる東九州地域において、

血液や血管に関する医療を中心に、産学官が連携を深め、医療機器産業の一層の集積と地域経済への波及、更にはこの産業集積を活かした地域活性化と、医療の分野でアジアに貢献する地域を目指す。

東九州メディカルバレー構想紹介

東九州メディカルバレー構想の目的

東九州地域のポテンシャル

 

 

 

東九州、下関圏人口一千万人構想

北九州・山口圏人口1千万構想プラン

北九州・山口・大分圏をAI開発ベルト地帯に舵を!

アジアのハブ空港北九州空港を核に人口1千万構想を達成しましょう。

 

 

  下関と北九州は昔から、

歴史と文化だけでなく風光明媚で有名な地区である。

 

 今や、近隣の福岡地区を中心に

港湾施設には、アジアからの大型クルーズ船(2.000~4.000名)が急増福岡空港にも多くの観光客が増え混雑しているのは周知の事実。

 

 以前は、観光バスも50台近くで大型駐車場の確保に苦労していたと聞くが最近は、100台以上と急拡大しつつある。

 

 4年先,

 

東京オリンピックの開催に向け、

今後、益々、観光客の拡大が続くことが予想される。

 

今後日本国内の人口の減少に伴い、

高齢化等々で人手不足や高賃金のしわ寄せもある、

当然、景気も大きく後退することは目に見えている。

 

2017年の半年で北九州市の人口は1万人も減少中。

あなたは、この現状をどのようにおもわれますか?

 

このまま、大改革、国家100年の大計で手を打たなければ

北九州市の人口は、90万人を割り込むのは明らかである。

 

東京オリンピック後の日本を見据えた

北九州・山口圏の人口1千万構想(プラン)は、

AIを核とした世界のスタートアップ企業応援、サテライトオフィス等

企画満載である。北九州空港を早急に、拡張し世界にPRすべきである。

 

 

 現状、

 

 下関市と北九州市を挟んだ海峡周辺には、

 貧弱な観光インフラ施設、駐車場しかない。

九州と本州を結ぶ、大動脈には、明治時代に計画され老朽化の激しい、

関門トンネルに頼り常時、補修補修だけでなく、トンネル内の車幅も

狭く大量に大型観光バスを通すには大変危険である。

 

 関門周辺となる

山口県と北九州周辺には旧跡や遺跡、明治維新・下関戦争など世界遺産や

温泉も多く国際的観光地としてインフラ整備が出来れば一躍、脚光を

あげることが出来る。

 

 近年は、海外からの大型クルーズ船も多く海底の深さも問題になり

つつある。現在の関門海峡は明治維新から計画された旧式の海峡である。

これからは、次の100年計画として大型クルーズ船も通行できる海峡対策を

中心に、国家を上げ、本格的な関門海峡対策の地方創生が重要であると思う。

 

 今や、観光立国の目玉として、世界遺産、

風向明媚な下関、歴史と文化の山口県の温泉から、島根地区をも

世界に知らしめる潜在一隅のチャンスだと感じる。

 

 将来の巨大地震対策の一環として、

日本の大動脈の再生として、新関門大橋だけは前倒しすべきである。

 

 観光立国として、地方創生の目玉として

下関、北九州周辺に「明治維新・海峡観光特区」を提案する。

 

日本の大動脈、関門の現状と課題

 

日本の大動脈があぶない

 

http://www.sankei.com/region/news/140807/rgn1408070080-n1.html

 

北九州市と山口県下関市を結ぶ新たな海峡横断道路の早期整備

 

http://qbiz.jp/article/47824/1/

 

開通から70年、関門トンネルの “寿命” が近い。

 

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1307/12/news008_3.html

 

東九州、下関圏人口一千万人構想

北九州・山口圏人口1千万構想プラン

北九州・山口・大分圏をAI開発ベルト地帯に舵を!

 北九州空港をアジア最大の空港に舵を

 

東九州、下関圏人口一千万人構想

北九州・山口圏人口1千万構想プラン

北九州・山口・大分圏をAI開発ベルト地帯に舵を!

 

 今後、世界経済混乱と、世界的異常気象、

世界的人口増加により、世界各地で大きな食料問題の混乱が予想される。

 

 世界的な食料戦争に発展する前章であり、

ドローンやロボットに特化した食料増産は最重要の取り組みが必要である。

 

 とくに、中国、アジア、インド周辺でも40億の人口がある。

 

 世界の食料問題を考えた場合、食料の品質を問わず、生産量だけをテーマにした場合は、日本以外にU.S.A、オーストラリア等、多数の国が存在する。

 

 日本は、高品質の世界の食料生産基地として世界に発信することが出来るのは、四季があり、災害も少なく、公害も少ない島国である日本以外には考えられない。

 

 今後は、イーストバレー地区(九州&山口地区)を中心に24時間、眠らない空港内に農水産&加工製品に集中、ロボット特区に指定することが重要である。

 

 生鮮食品の基本は、路地物を含めた食料品であるが、加工品も必要。

 人間生きてゆくために、競争とは無縁、景気、不景気に関係なしに水と食料品は、絶対必需品である。

 

 欧米の富裕層や、アジアでは中国等の中間層においても、農水産物&加工品に対する健康への注目度が高く、多少価格が高くても購買力が落ちることはなく、

 

今後も、

ますます「高品質、安心、安全、美味い」と評判の日本製の農水産物&加工品が要求され、ロボットに特化すれば、安心、安全、衛生的となり、価格競争とは無縁の売り手市場になることは間違いない。

 

 その点、日本の農産物は、

安心、安全、美味いと言うことで、中国やアジアでは大人気である。

 

 農水産物の生産には、

IoT」・人工知能、ドローン、ロボット、自動運転等機械化だけでなく環境問題に配慮し、日本の高齢者を対象とした田舎暮らしの農業雇用応援からアジアからの農業体験移民を含めた雇用政策も重要課題となる。

 

  東九州の山口の歴史

 

 彦島 日子の島

 

 http://www2.tip.ne.jp/~nakani00/

 巌流島(船島)と彦島

 http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kanko/ganryujima/

 

北九州空港の現状と課題

北九州・山口・大分圏をAI開発ベルト地帯に舵を!

第37話:交通体系の整備 ~新北九州空港を国際貨物重点空港に~

 

http://www.yamamotokozo.com/kouchan037/

 

苅田町 北九州空港の概要

 

http://www.town.kanda.lg.jp/_1030/_1155/_1442.html

 

新路線誘致へ注力、北九州空港あす開港10年 混雑「福岡」と棲み分けカギ

http://www.sankei.com/region/news/160315/rgn1603150026-n1.html

 

北九州空港を活性化させようと、格安航空会社(LCC)や早朝深夜便の新規就航への助成を上乗せする。

http://mainichi.jp/articles/20160219/ddl/k40/010/501000c

 

日本一混む空の玄関、「福岡空港」の課題

http://toyokeizai.net/articles/-/57882

 

 

大分・別府地区の健康予防医療特区

 

 

 別府市には昭和6年(1931年)から「九州大学の温泉研究所」が有名であり、温泉とリハビリ・東洋医学、西洋医学との融合から最新の予防医学が生まれつつある。

 

 最近の医療費の伸びは大きくこのままでは、

日本の医療の崩壊にはさして時間もかからない危機的状況である。

 

 今、

予防医学医療体制の強化を計る、時期にさしかかっている。

 

 心の健康と身体の健康は、

予防医学の領域であり、経済の健康より重要な問題であると考える。

 

 現状、あまりにも、

経済の健康優先に特化しすぎるのも大きな問題である。

 

 医療費問題は、

間接的に年金基金とも重なり、

経済の不健康から崩壊になる可能性も秘めている。

 

 今後予防医学の研究や対策が遅れ、

経済優先で過度な経済主義となれば

今後ますます貧富の差が大きくなるでしょう。

 

 心の健康と身体の健康は、人間生きるための根幹である

 

近年では、中国その他アジア諸国から

健康診断と観光をセットにしたツアーも多くなると予想する方も多い

と聞く。

 

日本の高度医療の技術を世界に広めるため

健康予防を目的とした地方創生対策はアジアの健康予防医療に大きく

舵を取ることで、東九州・イーストバレー地区が注目される地区になる

でしょう。

 

具体的に、体温の減少が大きな要素となる以上、

今後の温泉とリハビリ・東洋医学と西洋医学から生まれる予防医療に期待したい。

 

東九州、下関圏人口一千万人構想

北九州・山口圏人口1千万構想プラン

北九州・山口・大分圏をAI開発ベルト地帯に舵を!

 

人口知能AI・AI 教育特区の推進

東九州イーストバレーを世界初  人工知能 AI バレーに

 

北九州・山口・大分圏をAI開発ベルト地帯に舵を!

東九州、下関圏人口一千万人構想

北九州・山口圏人口1千万構想プラン

北九州・山口・大分圏をAI開発ベルト地帯に舵を!

IR について、

 

  日本が観光立国を重視するとなれば、

この地区において必要不可欠となるのはIR(統合型リゾート)でしょう。

 

 カジノの弊害として、青少年への悪影響やギャンブル依存症対策として、

 

入国する外国人は対象外であるが、日本人のカジノ入場者には、強い入場規制をとる必要があるのと、地域対策をも考慮すべきである。

 

 IRの基本は、

 

利益優先ではなく、

海外の観光客のメリットを最優先課題にすべきである。

 

 日本国内の地域の利益優先競争やテストや小規模のIRでは中途半端となり、地域住民との摩擦等で悪影響を与えいずれ駄目になるでしょう。

 

 IRは、数十年以上の長期計画が必要であり海外からのお客を楽します長期的なノウハウが重要である。

 

 成熟したU.S.Aの総カジノ市場でも、

7兆円以上で毎年5~6%程度の伸びがあると聞く。

 

 これから日本のIRは、

カジノ先進国の物真似や丸投げは非常に危険で、日本が世界に誇る、文化、世界遺産、観光との連携が重要なテーマになるでしょう。

 

 日本も海外も同じ、

IR(統合型リゾート)は24時間眠らない国際空港が近くにあり、

大型クルーズ(3.000人以上)船が停泊可能地区であるることが重要。

出来れば、海に近い風光明媚で、外国人に人気のある温泉だけでなく、世界遺産にも近い、大都市近郊が望ましい。

 

◎シンガポールに世界最大のカジノがあった。  (参考資料)

http://www.clair.or.jp/j/forum/c_mailmagazine/201303_2/2-7.pdf

 

◎シンガポールに見るカジノのあり方  日本プロジェクト産業協議会

(参考資料)

http://www.japic.org/report/pdf/area_group03.pdf

東九州メディカルバレー構想

東九州地域において、血液や血管に関する医療を中心に、医療機器産業の一層の集積と地域経済への波及、更にはこの産業集積を活かした地域活性化を目指す、東九州メディカルバレー構想があります。

大分県から宮崎県にかけての東九州地域には、有力な血液や血管に関する医療機器を製造する企業が多数立地し、更なる設備投資が進められるなど、国内でも有数の医療機器産業の生産・開発拠点として成長しています。
 東九州地域で生産されている医療機器は、今後、一層発展し、需要が拡大する可能性を秘めた産業分野です。また、医療関連産業は景気の変動に左右されにくい安定した産業ともいわれ、国の「新成長戦略」においても成長牽引産業として位置づけられており、この分野は今後の地域活性化の核となる産業としても期待されています。
 そこで、東九州地域において血液や血管に関する医療機器産業の一層の集積とこの集積を活用した地域活性化を促進することを目的として、平成22年10月25日に、宮崎県と共同で、「東九州地域医療産業拠点構想(通称;東九州メディカルバレー構想)」を策定しました。
 この構想を具体化するため、国内はもとより世界に向けて情報発信することにより、血液や血管に関する医療に留まらず、他の医療分野に関連する医療機器も含めた幅広い医療産業の一層の集積と地域活性化、アジアに貢献する医療産業拠点化を目指しており、平成23年12月には、国より地域活性化総合特別区域の指定を受け、国の後押しを得ながら、両県をはじめ、関係大学、企業が一体となって取り組んでいます。

詳しくは以下リンク先をご参考に。

北九州・山口・大分圏をAI開発ベルト地帯に舵を!

 

Ver.1:2016/09/30. Ver.2:2016/10/18. Ver.3:2016/11/03. 

Ver.4:2016/12/01. Ver.5:2017/01/01. Ver.6:2017/02/01.

Ver.7:2017/04/14. .Ver.8:2017/05/03. Ver.9:2018/02/09.

Ver.10:2018/02/12. Ver.11:2018/04/05.