免疫力を高める醗酵は人間にとって必要不可欠なもの

 

健康に良い、最高級 醗酵コーヒー豆

 

● 希少なアンデスのハナグマ

ペルー産の希少最高級珈琲豆。

 

熟成した良いコーヒー豆を選んで食べ、アンデス山脈に生息する、木登りが得意なハナグマ、 「ウチュニャリ」 醗酵からの甘味、香りが最高です。

 

● 有名なコピ・ルアック

インドネシア産で世界的にも有名な高級珈琲。ジャコウ猫にとってコーヒーの実はおやつです。腸内の消化酵素や腸内細菌による醗酵作用が、あなたの体に最高の喜びを与えます。

 

● プレパシオン農法のジャックバード

 

日本で数社しか取り扱いのない、ブラジル産、バイオダイナミック農法(プレパラシオン土壌)のコーヒーを野生のジャクーが排出。非常に難解な土壌のコーヒーとジャックバードの醗酵とのコラボレーションで人間も元気になるという、希少で世界最高級の醗酵コーヒーです。

Coffee 1杯のコーヒーから生まれる神聖な風味、香りと味の物語

コーヒーの歴史

 

 西暦500~600年

エチオピアで飲まれてていたコーヒーの木は、数百年前イエメン、インドネシア、ヨーロッパ中南米に渡った。 当時のコーヒーは貴重な宝物であったコーヒーは、20世紀になってやっと一般的に飲まれるようになった。

1990年代

スターバックス他コーヒー専門店が急成長した時代であった。

2000年

にはコーヒー豆が、約100gが1円以下と大暴落、コーヒー農家は働いても生きて行けない状況となりコーヒー飢餓や世界各地でストライキ、暴動が始まり大混乱をきたした時代、食品産業となったコーヒーは、供給を安定させるため大量生産と低い基準の均一化、それは、特徴のない“ただのコーヒー”であった。 

2010年代から現代

丹精込めて作る生産農家の品質の本当に良い高級コーヒーは、入手に苦労します。

 

スペシャリティコーヒー

(1)シングルオリジン(農場単位の銘柄・単一種の苗木)コーヒーの深煎りはごまかしやすいので、浅煎りをおススメします。

(2)きちんと精製された高品質なコーヒーは、80度で最初の風味を感じ、70度で二段階目の風味を感じ、60度で三段階目(日本の玉露と同じ)と、段階的な奥行きを感じ、より多くの味と香りのシンフォニーが楽しめます。

 

アニーズ珈琲店で人気No.1は、ゲイシャコーヒー

世界のコーヒーの愛好家だけでなく、

プロの間でも安定した人気商品は、ゲイシャ豆です。

酸味と苦味の絶妙なバランスは、癖になります。

コーヒー愛好家には、外せない「ゲイシャ」。

ゲイシャは浅煎りから中煎りがおすすめ。

お客様のお好みによる、スペシャル焙煎をお楽しみください。

 

 

コーヒー専門店の「味と香り」の フレンチ プレス

アニーズコーヒー店では、主にフレンチプレスでコーヒーを抽出提供しています。紅茶を淹れる器具と同じ、フレンチプレスは、コーヒーの油分まで抽出できるため、コーヒーの素材本来の美味しさをお楽しみいただけます。

ゴルフ カフェ はじめました。

ゴルフをこれからと思っている方、何十年もゴルフの経験があるが自己流の方、女性やジュニア、~シニアの方まで・・・ あなたのゴルフのお悩みを親切に指導します。

 

   アニーズ コーヒー事業部   www.anees.jp

 

アニーズ珈琲店の基準水は「超軟水」です。

 

 

コーヒーは水が98%であるため、

 

水は、コーヒーの味に大きな影響を与えます。

 

アニーズ珈琲は、

 

水の硬度でコーヒーの味が異なることは周知の事実であることを確認。

 

その数からある水の中で

 

お客様の「酸味から苦味」と好みの幅が大きい中、

 

様々な基礎データを基に検討検討を重ね、

 

「数年に亘る検証の結果」水の硬度が味に変化を与えることを再確認。

 

 アニーズ珈琲の「基準水は超軟水」に決めました。

 

ただ、コーヒーは個人の好みが大きいだけでなく、

 

バイオリズム等でも好みの水が変化することも確認。

 

ただ、結果が良いからと言って、

 

全てのお客様に「超軟水」を押し付けるのではなく、

 

お客様の好みを尊重するには、「超軟水」だけでなく、

 

「軟水と超軟水」の2種類の選択が必要だと思い、

 

「硬水」を含め3種類の水を用意いたしました。

 

コヒー本来の味を確かめるため、水とコーヒーのバランスを、

 

アニーズ珈琲店で「超軟水、軟水、硬水」を気軽にお楽しみ下さい。

 

最近、世界的に

グリーン コーヒーが美容とダイエットに効果大が良く言われますが、コーヒーの生豆は胃に負担がかかり過ぎおススメいたしません。

 

コーヒーの深煎りは論外ですが、

浅煎りコーヒーは胃の負担は生豆と比べてほとんどなく、安全、安心です。

 

美容とダイエットは、

浅煎り コーヒー が 一番

ポリフェノールは、人間を酸化ダメージから守るための「抗酸化物質」といいます

人間には、生きていくうえで酸素が必要です。

ただ、体内に入った酸素は、細胞を傷つけ、体を錆びさせ、さまざまなダメージを与えます

 

そこ 「浅煎りコーヒー」 等、酸化作用食品で、「ダイエット」を中心に体を「キレイ」にすること大切です

ポリフェノールは水溶性で体に蓄積されません、

 

摂取目安量は1日1,0001,500 mg を「浅煎りコーヒー」等でこまめな摂取を行うのが理想的です。