AI EAST VALLRY イーストバレーは、 国家100年の大計

 

東九州&山口 AI イーストバレー プラン


 

北九州空港をアジア最大の空港に舵を

 

 18世紀、イギリスが世界最大の海運国家の時代。

 

 1860 年代初頭、

長州藩主より洋行の内命を受けた、伊 藤博文一行はイギリスに渡り、海運こそが、イギリスが 覇権国家になりえた大きな理由であったと確信し、日本を海運国家の政策に舵を取った。

 

 それから150年後の今、

2017年、世界はまさに、インターネット中心のグローバルな世界であるが覇権はイギリスからアメリカに、

 

 世界の主流は、海運から航空に変わた。

 

 世界の警察、アメリカの航空業界との共存共栄の航空政策こそが、

日本が生き残る為の重要な国家戦略である。

 

 日本からアメリカ行きの空港は少なく

理想と、かけ声とは逆方向で現実は、保守色が強すぎ、攘夷、

鎖国に近い、いち早く国際空港への具体的政策を期待する。

 

 今こそ、北九州空港を核としたアジア最大の空港に舵を取れば、北九州・下関・関門地区の周辺人口は200万以上の可能性もある。

 

東九州・山口から日本を元気にし地方創生の目玉として驚異的に大発展するでしょう。

 

 アメリカを中心に世界を結ぶ、国際空港政策を国策として緊急に取り組む必要を提案する。

 

 北九州空港、周辺の最大の特徴として、

 

 

世界最先端の人工知能から生まれる、

仮称: 東九州 イースト 「AI ロボット」 バレー地区。

 

最先端のロボット産業を育成する特区となれば、

この AI ロボット研究者やAI ロボット関連企業も世界から集まる。

 

ますます、北九州空港周辺は忙しくなるだけでなく急速に「世界有数のロボット産業」地区として脚光をあびるでしょう。

 

当然、

北九州空港の周辺施設だけでなく空港本体でも最先端の AI ロボット化が進み、近未来の最先端の国際空港として大発展することは間違いない。

 

北九州空港からアメリカ便を早急に出す緊急提案をする。

 

2017年を向かえ、今、世界の舵は、

 

産業革命以来の、

人工知能(Artificial Intelligence; AI)、

IoT[Internet of Things]を中心に、

保護、個性的経済に舵を切ってきた。

 

具体的には、

T.P.Pや弱肉強食のグローバルな国際志向の頂点から、反転しつつある。

 

今後の世界は、人工知能(Artificial Intelligence; AI)、

IoT[Internet of Things]、ロボットや自動運転を核になるが、

バーチャルよりはリアルの世界を重視した、

保護、個性経済が活発になるでしょう。

 

国別には、トランプ政権を中心に、

イギリス、ドイツ、フランス、イタリア等先進国だけでなく、中国、

インド、中東、イスラム圏を含む

各国の保護、個性政策が注目、話題となる。

 

この世界大変革の中心となるのは、やはりアメリカです。

 

約10年程前、九州経済団体主催のUSAシリコンバレー視察団に一員として参加した時、感じたのは、スタンフォード大学で人工知能(Artificial Intelligence; AI)の研究所はすごいと思った。

 

今、アメリカを無視する政策は、

日本だけでなく世界経済文化にとって最悪の状況となる。

 

2017年、

今こそ、日本の心、和を持つ個性を発揮できるチャンス到来。

 

具体的には、

 

24時間、海上空港である北九州空港が日本を救う。

 

北九州空港は、赤字空港と言うことで、積極的な戦略は形をひそめ

長年、放置したままでもったいない北九州空港が日本を救う。

 

 敷地4.000mもあるのに、将来の展望がないと言うことで、

敷地の約半分2.500m程度でストップしたままの赤字空港??

 

 2017年、保護、個性的な世界大変化を向かえ

北九州空港から、アメリカ便をドンドン出しトランプ政権との融和が必要。

 

100万都市としての基本インフラが充実し、インフラコストも魅力的な

東九州・山口イーストバレー地区が、活躍できるチャンス到来!

 

北九州空港からアメリカ便を早急に出す緊急提案する。

 

 ここ数十年、日本は

アジア、インド、中東圏に独自の先端技術を拡散してきた。

 

今後は、米国の保護主義を先頭に

欧州の先進国をも巻き込んだ大きな転換を迎えつつあることは間違いない。

 

100万都市としてインフラ環境も充実した、北九州。

 

これからの100年、北九州市を中心に世界各国との融和戦略に、北九州空港は重要な役割をはたすでしょう。

 

今世界は、保護主義の流れに大きく転換しつつある。

 

この危険な兆候を和らげるには、目には目の

狩猟民族では無理、農耕民族である日本の大和魂、禅や和の心が必要。

 

世界との融和戦略から新しい時代が見えてくるでしょう。

 

最優先課題として、

 

世界のため

日本のため

 

九州の地域活性化ため

早急に北九州空港を整備し

 

欧米に定期便を出すべきである。

 

 

 ちまちま、ボチボチ、出来る事からやる政策は、

個人企業の戦略であり、国家100年の大計ではない。

 

 

 地方創生は人口増と雇用増加です。

 

 

 日本全体がデフレ、

人口減少、高齢化等でシュリンク(縮小)しつつある

レッドオーシャン(赤い海)

中小事業者の現状の傾向において、パイ(利益)は、益々少なくなると

仕事量は少なくジョブ(仕事)の競争も激しくなる。

 

このままだと不況下の中でのジョブ(仕事)の格差は拡大する。

 

 東九州・山口地方創生の基本は、

国際的視野を持った仕事量と質が増加することで

自然人口増加が期待できる

ブルーオーシャンから派生する人口増とジョブ(仕事)です。

 

シュリンクしつつあるレッドオーシャン市場で、

競争力、体力のある人が優先されるジョブ(仕事)

ではなく、国際的視野を重視した

ブルーオーシャン市場で普通の人が安心して働ける

インフラ整備が優先の雇用増加が重要です。

 

地方創生は、

国際的視野を持った障害者の自立支援と共に一人でも多くの人の雇用です。

 

 

 

 この少ないパイ(利益)を巡って、国内の企業、団体等(大手、中小)同士を競争社会に突入させる政策は二極化を煽り大変危険である。

 

 今こそ、心機一転、

 日本の得意とする伝統、文化、和の世界、技術等を生かし、広く国際市場や国際感覚を研ぎ澄ました経済、観光、医療政策での国際競争のエクスパンド(拡大)に挑戦すべきである。

 

 今後は、

 

東九州・山口、AI イーストバレー地区の地方創生の特区からを起爆剤としてのブルーオシャン(青い海)のインフラ整備からの雇用増が優先課題です。

 

 ブルーオーシャンから派生する、

収益、利益優先ではなく、AI重視、個性あるジョブ(仕事)が重要。

世界に向けてのエクスパンドプランを提案する。

 

 

 

北九州空港を中心に明治維新・関門海峡観光特区、ロボットバレー特区の推進、山口・大分県の健康医療特区の概要

 

(1)海上24時間空港、早く国際ハブ規格の空港にすべき。

(2)東九州 AI ロボットバレー・教育特区の推進。

(3)新幹線小倉駅から「海底トンネル等」北九州空港への高速インフラ整備。

(4)新関門大橋の早期着工。

(5)山口・大分県の温泉と予防医療、健康医療特区整備。

(6)明治維新・下関戦争の彦島、海峡観光の整備。

(7)東九州 AI イーストバレー農業特区推進

 

 

 

 下関と北九州は昔から、

歴史と文化だけでなく風光明媚で有名な地区である。

 

 今や、近隣の福岡地区を中心に

港湾施設には、アジアからの大型クルーズ船(2.000~4.000名)が急増福岡空港にも多くの観光客が増え混雑しているのは周知の事実。

 

 以前は、観光バスも50台近くで大型駐車場の確保に苦労していたと聞くが最近は、100台以上と急拡大しつつある。

 

 4年先,

 

東京オリンピックの開催に向け、

今後、益々、観光客の拡大が続くことが予想される。

 

 現状、

 

 下関市と北九州市を挟んだ海峡周辺には、

 貧弱な観光インフラ施設、駐車場しかない。

九州と本州を結ぶ、大動脈には、明治時代に計画され老朽化の激しい、

関門トンネルに頼り常時、補修補修だけでなく、トンネル内の車幅も

狭く大量に大型観光バスを通すには大変危険である。

 

 関門周辺となる

山口県と北九州周辺には旧跡や遺跡、明治維新・下関戦争など世界遺産や

温泉も多く国際的観光地としてインフラ整備が出来れば一躍、脚光を

あげることが出来る。

 

 近年は、海外からの大型クルーズ船も多く海底の深さも問題になり

つつある。現在の関門海峡は明治維新から計画された旧式の海峡である。

これからは、次の100年計画として大型クルーズ船も通行できる海峡対策を

中心に、国家を上げ、本格的な関門海峡対策の地方創生が重要であると思う。

 

 今や、観光立国の目玉として、世界遺産、

風向明媚な下関、歴史と文化の山口県の温泉から、島根地区をも

世界に知らしめる潜在一隅のチャンスだと感じる。

 

 将来の巨大地震対策の一環として、

日本の大動脈の再生として、新関門大橋だけは前倒しすべきである。

 

 観光立国として、地方創生の目玉として

下関、北九州周辺に「明治維新・海峡観光特区」を提案する。

 

日本の大動脈、関門地区の現状と課題

 

日本の大動脈があぶない

 

http://www.sankei.com/region/news/140807/rgn1408070080-n1.html

 

北九州市と山口県下関市を結ぶ新たな海峡横断道路の早期整備

 

http://qbiz.jp/article/47824/1/

 

開通から70年、関門トンネルの “寿命” が近い。

 

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1307/12/news008_3.html

 

 

 

 

 北九州空港をアジア最大の空港に舵を

 

 北九州空港の衰退・低迷の原因は単純

 

(1)北九州空港の衰退は、(ヒドイ)酷過ぎる

日本国内の需要を喚起する政策だけでは、地方への人口減と高齢化で需要は年々減少。不便な空港の活性化は無理だし、現状維持すら難しい。

(2)日本国内に限定した航空「貨物・格安運賃」需要喚起等々を計画しても競合企画&空港が多すぎ、まったくムダであり無謀でしかない。

(3)日本一便利な福岡空港に近く、宇部空港、大分空港、佐賀空港、熊本空港、宮崎空港、鹿児島空港と競合だけでなく、今後ますます空港同士の競争が激化する。

 

 

 

北九州空港は24時間、眠らない空港であり、

 

人工知能・ AI ロボットに特化、高度な農水産市場に最適。

 

日本から世界に輸出

することができる AI ロボットに特化、高度な農水産物市場

に指定することが九州・山口地区の活性化に必要、絶対条件となる。

 

北九州空港は24時間眠らない貴重な海上空港である。

AI ロボットに特化した最新の国際空港を早急に目指すことが必要。

 

北九州空港の面積全長:4.125m、全幅:900m、面積373haの土地。

現在、延長工事途中で2.500mで営業中。未造成の1.000mの土地の有効活用「3.500m延長工事」を提案する。

 

 

 日本の農水産物について、後進国からの価格競争も考えられるが、 農水産物は差別化、高品質化が可能である。

 

 安心、安全を無視、有害か無害か解らない食品?の価格競争もあるが、東九州バレー地区の水産・農業政策は、やはり、食の安心、安全が優先され、価格競争と一線を引いた政策が必要な市場であることは確か。

 

 今後は、人工知能、ドローン、等々の組み合わせた「安全、衛生的な農、水産ロボット」の開発、促進で、日本独自の高収益体質が期待される。

 

 

 

 今後、世界経済混乱と、世界的異常気象、

世界的人口増加により、世界各地で大きな食料問題の混乱が予想される。

 

 世界的な食料戦争に発展する前章であり、

ドローンやロボットに特化した食料増産は最重要の取り組みが必要である。

 

 とくに、中国、アジア、インド周辺でも40億の人口がある。

 

 世界の食料問題を考えた場合、食料の品質を問わず、生産量だけをテーマにした場合は、日本以外にU.S.A、オーストラリア等、多数の国が存在する。

 

 日本は、高品質の世界の食料生産基地として世界に発信することが出来るのは、四季があり、災害も少なく、公害も少ない島国である日本以外には考えられない。

 

 今後は、イーストバレー地区(九州&山口地区)を中心に24時間、眠らない空港内に農水産&加工製品に集中、ロボット特区に指定することが重要である。

 

 生鮮食品の基本は、路地物を含めた食料品であるが、加工品も必要。

 人間生きてゆくために、競争とは無縁、景気、不景気に関係なしに水と食料品は、絶対必需品である。

 

 欧米の富裕層や、アジアでは中国等の中間層においても、農水産物&加工品に対する健康への注目度が高く、多少価格が高くても購買力が落ちることはなく、

 

今後も、

ますます「高品質、安心、安全、美味い」と評判の日本製の農水産物&加工品が要求され、ロボットに特化すれば、安心、安全、衛生的となり、価格競争とは無縁の売り手市場になることは間違いない。

 

 その点、日本の農産物は、

安心、安全、美味いと言うことで、中国やアジアでは大人気である。

 

 農水産物の生産には、

IoT」・口知能、ドローン、ロボット、自動運転等機械化だけでなく環境問題に配慮し、日本の高齢者を対象とした田舎暮らしの農業雇用応援からアジアからの農業体験移民を含めた雇用政策も重要課題となる。

 

 

 24時間、内海となる安全な海上の北九州空港は、アジアの玄関でなく、世界の玄関に格上げすべき、ロボットに特化した北九州空港からニューヨーク直行便に期待する。

 

 とにかく、現在の北九州空港は2.500mと普通のローカル空港並みである。アジアの玄関として24時間空港をPRしているが、現状の2.500mでは無理がある、大型貨物便のハブ空港に相応しい、3.500mの延長工事を10年~20年先の計画でなく、早急に検討すべき時期だと考える。

 

 

 

  東九州の山口の歴史

 

伊藤博文、高杉晋作の彦島租借について、

 

幕末、馬関戦争の時期、イギリス側の会議議事録に彦島地区の租借問題が記載されている。

 

 

日本を守った高杉晋作の偉業

 

高杉さん以外のものであれば、彦島をイギリスに貸していただろう。彦島がそのとき香港みたいになっていたら、今日にいたる日本の近代化はなかった。~

 

http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/nihonwomamottutatakasugisinsakunoigyou.htm

 

 

 彦島 日子の島

 

 http://www2.tip.ne.jp/~nakani00/

 巌流島(船島)と彦島

 http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kanko/ganryujima/

 

北九州空港の現状と課題

第37話:交通体系の整備 ~新北九州空港を国際貨物重点空港に~

 

http://www.yamamotokozo.com/kouchan037/

 

苅田町 北九州空港の概要

 

http://www.town.kanda.lg.jp/_1030/_1155/_1442.html

 

新路線誘致へ注力、北九州空港あす開港10年 混雑「福岡」と棲み分けカギ

http://www.sankei.com/region/news/160315/rgn1603150026-n1.html

 

北九州空港を活性化させようと、格安航空会社(LCC)や早朝深夜便の新規就航への助成を上乗せする。

http://mainichi.jp/articles/20160219/ddl/k40/010/501000c

 

日本一混む空の玄関、「福岡空港」の課題

http://toyokeizai.net/articles/-/57882

 

 

大分・別府地区の健康予防医療特区

 

 

 別府市には昭和6年(1931年)から「九州大学の温泉研究所」が有名であり、温泉とリハビリ・東洋医学、西洋医学との融合から最新の予防医学が生まれつつある。

 

 最近の医療費の伸びは大きくこのままでは、

日本の医療の崩壊にはさして時間もかからない危機的状況である。

 

 今、

予防医学医療体制の強化を計る、時期にさしかかっている。

 

 心の健康と身体の健康は、

予防医学の領域であり、経済の健康より重要な問題であると考える。

 

 現状、あまりにも、

経済の健康優先に特化しすぎるのも大きな問題である。

 

 医療費問題は、

間接的に年金基金とも重なり、

経済の不健康から崩壊になる可能性も秘めている。

 

 今後予防医学の研究や対策が遅れ、

経済優先で過度な経済主義となれば

今後ますます貧富の差が大きくなるでしょう。

 

 心の健康と身体の健康は、人間生きるための根幹である

 

近年では、中国その他アジア諸国から

健康診断と観光をセットにしたツアーも多くなると予想する方も多い

と聞く。

 

日本の高度医療の技術を世界に広めるため

健康予防を目的とした地方創生対策はアジアの健康予防医療に大きく

舵を取ることで、東九州・イーストバレー地区が注目される地区になる

でしょう。

 

具体的に、体温の減少が大きな要素となる以上、

今後の温泉とリハビリ・東洋医学と西洋医学から生まれる予防医療に期待したい。

 

 

 

 

将来への提案 

 

AI ロボットと I R

 

 24時間営業可能な北九州空港、さらに、

大型(3.000~4.000人)クルーズ船の停泊可能、日本が世界に誇る、新幹線駅が近い地区、陸・海・空と三拍子揃った東九州・山口 イーストバレー地区。

 

 

AI ロボット・教育特区の推進

 

東九州地区は、明治維新から

重工業生産基地として日本の基礎を固めた重要な地区である。

 

今後は、国の根幹である教育の発展政策から、

 

工業・医療、介護から農業、畜産、ドローン・ロボットへと幅広く、人工知能を核とした「ロボット産業」の拡大へと大きな変化が期待される。

 

下関・北九州関門地区から大分に架けての東九州地区は、交通も便利、気候変動も少なく、世界でも珍しい貴重なインフラが完備されいる。

 

現状は、自動車産業を中心に活発な生産活動が期待されるが、将来を見た場合、人口知能を核・中心に「世界のロボット産業」の中心となる

 

日本の国策として、最先端ロボットの開発生産基地としてイーストバレー地区を「ロボット・教育特区」として推進することを期待する。

 

 

東九州イーストバレーを世界初 AI ロボットバレーに

 

 北九州・苅田・行橋を中心に「 AI ロボット・教育特区」を提案する。

ロボットと言えば、地元企業の安川電機が世界的に有名である。

 

北九州には、九州工業大学である工業教育を中心に、

苅田.行橋地区では西日本工業大学とロボット研究には最適な環境である。

 

近年は、ITやAIの人工知能から波及し、工業ロボットが主流であるが、自動運転自動車、介護ロボット等々で今後ますます、ロボット関連企業が世界をリードする時代が近づきつつある。

 

このロボット推進には、産学協同の開発の流れを世界に架けて発信することで地方創生の目玉に提案したい。

 

 AI ロボットの基本は、人工知能とモーター(動力)。

 

地元企業の安川電機は、昔から安川モーターと良く聞いていた。

最近は、超小型の強力モーターが開発され、この、超小型モーターと人工知能、ドローン等の組み合わせで近い将来、地上だけでなく空間(空)の領域まで無限の夢を感じる。

 

 現在の日本は、自動車産業が中心となっているが、もうすぐ、時間の問題、世界の主流は、AI ロボット産業体制に移行するのは間違いない。

 

 日本の AI ロボット、ドローンの数が、

1億を超える日が近いかもしれない・・・・。

 

 日本国の優先課題として 

東九州 AI ロボット特区が出来れば、

世界の AI ロボット、ドローンの数は

数億~数十億と生産の急拡大も視野に入る可能性あり。

 

日本の東九州・山口が、

仮称: 「世界の AI ロボットバレー」の中心となることを願う。

 

 

 西日本工業大学と共同の AI ロボット産業育成の

インキュベート準備施設の早期着工を期待する。

 

 まずは、スタートとして、産学共同の「AI ロボット産業」

を発展させるために、九州工業大学と西日本工業大学を中心に

AI ロボット関連企業の誘致戦略:一例として「AI ロボット産業育成のインキュベート施設」等・・を苅田町、行橋市周辺地域発展のため率先が望ましい。

 

 九州工業大学では、ロボット用人工知能開発

 九州工業大学(飯塚校)とUSA、シリコンバレーのスタンフォード大学との共同研究も長く、ロボット産業発展のために東九州イーストバレー地区が

取り組む重要な戦略である。

参考資料として

 

仮称:

 

行橋、苅田、築上地区 AI ロボット産業育成インキュベート施設新設案

 

 第一次計画としては、九州工業大学、西日本工業大学と行橋、苅田、築上地区の「仮称:AI ロボット特区 」の産学共同ラボを緊急に立ち上げ近い将来について具体的な計画案を作成、地方創生プランとして担当部署に提出することからスタートする。

 

https://sangakukan.jp/journal/journal_contents/2009/10/articles/0910-03-1/0910-03-1_article.html

 

ベンチャー企業が多いことも背景にある(図1)。将来の地域産業という面では市がベンチャーに期待するところは大きい。特色のある企業もある(表3)。

 

 

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kouzou2/sankou/030425/53.pdf#search=%27%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E5%B7%A5%E6%A5%AD%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%A8+%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E5%A4%A7%E5%AD%A6%27

 

飯塚市は、九州工業大学情報工学部、近畿大学九州工学部等の大学、福岡県立飯塚. 研究開発センター、㈱福岡ソフトウエア ... 分子工学研究所)、スタンフォード大学言語 情報センター飯塚ブランチが開設される等、. 世界のトップレベルの研究者による新産業  ...

 

 

 

 

I Rについて、

 

 

 日本が観光立国を重視するとなれば、

この地区において必要不可欠となるのはIR(統合型リゾート)でしょう。

 

 カジノの弊害として、青少年への悪影響やギャンブル依存症対策として、

 

入国する外国人は対象外であるが、日本人のカジノ入場者には、強い入場規制をとる必要があるのと、地域対策をも考慮すべきである。

 

 IRの基本は、

利益優先ではなく、

海外の観光客のメリットを最優先課題にすべきである。

 

 日本国内の地域の利益優先競争やテストや小規模のIRでは中途半端となり、地域住民との摩擦等で悪影響を与えいずれ駄目になるでしょう。

 

 IRは、数十年以上の長期計画が必要であり海外からのお客を楽します長期的なノウハウが重要である。

 

 成熟したU.S.Aの総カジノ市場でも、

7兆円以上で毎年5~6%程度の伸びがあると聞く。

 

 これから日本のIRは、

カジノ先進国の物真似や丸投げは非常に危険で、日本が世界に誇る、文化、世界遺産、観光との連携が重要なテーマになるでしょう。

 

 日本も海外も同じ、

IR(統合型リゾート)は24時間眠らない国際空港が近くにあり、

大型クルーズ(3.000人以上)船が停泊可能地区であるることが重要。

出来れば、海に近い風光明媚で、外国人に人気のある温泉だけでなく、世界遺産にも近い、大都市近郊が望ましい。

 

 日本は、世界でも珍しく大きな4島が海に囲まれた環境を生かし、

世界に注目されるような、海中リゾートプランが必要でしょう。

 

まさに、

 

I Rの目玉は、

 

海洋国日本が

世界から注目される

海中リゾートと海底リゾートの取り組みでしょう。

 

 

この環境に相応しい、風向明媚な関門地区が

新幹線と言う日本の交通インフラの重要な「新幹線」の駅に近く

IR(統合型リゾート)相応しい施設が望まれる。

 

 

◎シンガポールに世界最大のカジノがあった。  (参考資料)

http://www.clair.or.jp/j/forum/c_mailmagazine/201303_2/2-7.pdf

 

◎シンガポールに見るカジノのあり方  日本プロジェクト産業協議会

(参考資料)

http://www.japic.org/report/pdf/area_group03.pdf

北九州空港を中心に明治維新・関門海峡観光特区、ロボットバレー特区の推進、山口・大分県の健康医療特区の概要

 

(1)海上24時間空港、早く国際ハブ規格の空港にすべき。

(2)東九州 AI ロボットバレー・教育特区の推進。

(3)新幹線小倉駅から「海底トンネル等」北九州空港への高速インフラ整備。

(4)新関門大橋の早期着工。

(5)山口・大分県の温泉と予防医療、健康医療特区整備。

(6)明治維新・下関戦争の彦島・海峡観光の整備。

(7)東九州 AI イーストバレー農業特区推進

 

 

 

Ver.1:2016/09/30. Ver.2:2016/10/18. Ver.3:2016/11/03. 

Ver.4:2016/12/01. Ver.5:2017/01/01. Ver.6:2017/02/01.

Ver.7:2017/04/14. .Ver.8:2017/05/03.